2005年12月28日

『成功事例説明会』のご案内

『eセールスマネージャーMS成功事例説明会』のご案内。

来年1月18日に大阪の梅田センタービルで『eセールスマネージャーMS成功事例説明会』を開催いたします。

営業マン20名以下の中小企業経営者、幹部の方向け、50名さま限定のセミナーです。

大企業から中小企業まで1000社を超える導入実績をもつ、日本発の経営支援ツール「eセールスマネージャー」の活用について、具体的なご説明をいたします。

「eセールスマネージャーMS」について、ご理解を深めていただけるチャンスです。

ぜひこの機会にソフトブレーン流のプロセスマネージメントのノウハウをお持ち帰りください!

お申し込みは当社ホームページより。 ← 今すぐクリック!!


060118.gif
(画像をクリックすれば拡大表示されます)
posted by 近畿オーエーシステム at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

12月集合研修導入会

12月20、21日の2日間で集合研修導入会を開催いたしました。

今回参加の企業さまは、アイパークシステムズさんです。

アイパークシステムズさんは、駐車場の経営、駐車場管理システムやセキュリティシステムの設計・メンテナンス、駐車場の経営や不動産の有効活用についてのコンサルティング業など、幅広い事業を展開されています。

現在最も力を入れておられるのが、高収益型オートパーキング経営を強力に支援するトータルシステム『エコキューブ』です。
土地のオーナーさまに、駐車場経営をフランチャイズのしくみでおすすめする事業です。
こちらは「環境にやさしいおもてなしの心の表現」をコンセプトに、オートパーキングだからこそ利用されるお客様に親切なシステム設計をされ、万一のトラブルや事故に対しても万全のサポート体制を構築されています。

今、流行りのコイン駐車場だけではなくタワー式のものから、商業施設のパーキング運営まで幅広く展開しておられます。

また、それらの管理駐車場の情報(出庫、入庫、駐車状況、売上、事故・不正管理など)を、Webで一元管理するシステムまでも作り上げておられます。

社内にあるコミュニケーション・スペース「STUDIO SOLA」では、総合駐車場遠隔監視管理システムにより、実際の駐車場の様子がライブ映像で大型モニタに映し出されてされています。

そのノウハウを基に楽天で、防犯カメラ・ネットワークカメラの通販サイトまで運営されています。

今回の集合研修導入会では、社長さまはじめ幹部クラスの方々にご参加いただきました。

会社に帰られてから、カスタマーシートとパーソンシートの登録をしていただくことになりますが、このデータがなければ始まりませんのでよろしくお願いいたします。

アイパークシステムズのみなさま、昨日、今日と2日間、本当にお疲れ様でした。



DVC20051221.jpg
posted by 近畿オーエーシステム at 18:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 集合研修導入会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

さらに引き続きユーザさんフォロー訪問

12月19日に福井県に行ってきました。

目的は越前市(旧武生市)にある豊ファインパックさんの二度目の導入後フォロー訪問です。

前回は9月に訪問させていただいたので「そろそろ田んぼも稲刈りの時期ですね」なんて話をしていたのですが、今回は雪の中の強行訪問といった感じでした。
しかしよく積もっていましたね。今年は例年よりも雪が降るのが早いそうです。


DVC200512196.jpg   DVC200512193.jpg

以前のブログにも書きましたが、豊ファインパックさんはポリ袋・ビニール袋・フィルム製品の製造販売をされている会社です。
営業マンがお取引のある企業さんに売る以外に、Webでも商品の販売をされています。

年々お客さんは減少傾向にあるにもかかわらず、このWebからの注文は増加傾向にあるそうです。

Webからの注文の場合、規格品であればお客さんからの問い合わせメールを受信し、それに対する回答メールを送信され、再度お客さんから注文の意思表示のメールを受信するという1往復半のやり取りをされるそうです。
オーダー品の場合は、このメールのやり取りが3往復ぐらいになるそうです。

電話でのやりとりはなく、このメールのやりとりだけで商談成立までされます。

商品発送後は必ずフォローメールを送ることも忘れないそうです。

そして何より、このWeb経由でのお客さんはリピート率が高いそうです。


「社長、このWeb経由のお客さんのデータって管理されていますか?」

「残念ながら今はメーラーの中だけにしか残っていません。本当は管理したいのですけどね…」

そこで今回はこのWebからの注文の履歴を、eセールスマネージャーにデータとして残すという設定をさせていただきました。

基本的にはメールの内容をコピーして、コミュニケーションシートの詳細内容の欄に貼り付けるというものです。

今までメーラーの中にしかなかったデータがeセールスマネージャーに反映されることにより、過去の取引がすぐに一覧で見ることが可能になります。
それによりいちいちメーラーを繰って過去の注文履歴を探す必要もありません。

また、今までは受身の商売でしたが、新商品の案内をするというような、何らかの仕掛けをするためのデータとして活用していただくこともできます。

今までよりコミュニケーションシートを登録してもらう手間は掛かりますが、それよりもデータを活かせることのメリットの方を重要視していただきました。
コミュニケーションシートは1件登録するのに、1分もかかりませんのであまりご負担にはならないかな、と思います。


豊ファインパックの田中社長さんとは、訪問するたびいつも楽しいお話を聞かせていただき、ついつい長居をしてしまいます。
今回も気が付けば電車の時間が迫ってきて慌てて駅まで送っていただきました。(社長ありがとございました)

駅に着くと雪のため電車が遅れていましたので、越前名物のおろし蕎麦を食べる時間は十分にありました。

電車が来るのかどうか不安でしたが1時間半ほどの遅れで、何とか無事に帰宅することができました。

次回は暖かくなってからの訪問にしたいと思います。

posted by 近畿オーエーシステム at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ユーザーさん訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

続いてユーザさまフォロー訪問

12月14日テクニカさんを訪問しました。

目的は導入後のフォローです。

テクニカさんは当社にとって、記念すべきeセールスマネージャーMSの第1号のお客様です。
そんなこともありまして、今回が3回目のフォロー訪問になります。

テクニカさんからは事前に「そろそろデータもたまってきたと思うので、会議での使用方法を教えて欲しい」というご要望をお聞きしていました。

では会議でeセールスマネージャーMSを使って、具体的にどのようなことをされたいのかをお聞きしました。


大きくは次の二つです。

・データに基づいたアドバイスをしたい。

・商談が進まなかった案件に関して、どういう理由かを詳しく知りたい。


当社からは次のようなことをアドバイスさせていただきました。

・日々の活動を報告するコミュニケーションシート(CMS)をCSVで出力し、フィルタをかけて見たい項目を抽出して、確認していただく。

・ナッレジ機能の受注予測を活用していただく。営業マンごとの今手持ちの案件が、進捗状況別に受注予定金額が集計され表示されます。
また、受注予定日と最終訪問日も表示されるので、案件ごとの進捗状況に応じたアドバイスをしていただくことが可能になります。


それから、今回もルールエンジンという機能の設定をさせていただきました。
CMSに『要フォロー』のチェック項目を追加して、そのチェックがついた案件は自動的にリストへ追加するという設定を行いました。
これにより、マネージャーの方はもちろん、営業マン個人もそのリストを確認し、フォローする案件のモレ防止に活用していただこうというものです。

前回のパワーキッズさんもそうでしたが、やっぱりみなさんある程度使用されると、会議での使用をご検討されるようです。

当社は、eセールスマネージャーMSを導入していただいたらそれで終わりではなく、みなさまに活用していただき、効果が出て、その結果売上も上がり、ご導入していただいた企業さまに喜んでいただけるよう、これからもご協力させていただきます。


posted by 近畿オーエーシステム at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーザーさん訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

ユーザさまフォロ−訪問

12月9日にパワーキッズさんに導入後フォロ−訪問をしてきました。

今回は、この日に東京から社長さまがお見えになるので、是非この機会にご挨拶をしておきたいと思い訪問しました。

実はeセールスマネージャーMSのご検討をしていただいたのは大阪支社の皆さまでありまして、ご説明も大阪支社で行いましたので、東京のご本社には一度も訪問させていただいたことがありませんでした。

まずは社長さまが来られるまでの午前中に、eセールスマネージャーMSの設定の変更をさせていただきました。

パワーキッズさまは幼稚園向けの課外授業の運営、管理をされている会社です。

営業マンがその課外授業を受注するまでに『取るべき情報』を、eセールスマネージャーMSにしっかりと設定されています。
しかしその『取るべき情報』が、日々の活動報告をするシート(コミュニケーションシート)の中に、絶えず表示される傾向にありました。

そこで受注まで『取るべき情報』受注後『取るべき情報』に分けさせていただき、商談の進捗状況に応じて表示させる項目の設定を変更をしました。

これで日々の活動報告をするシートがスッキリと整理されました。

午後から社長さまがお見えになられ、ご要望をお聞きした上で設定の追加と会議での効果的な活用についてのご説明をしました。

社長さまは自社の営業マンがこのeセールスマネージャーMSを使って、自主的に次の攻め方を考え、計画し、行動するということをしてもらいたい。
また、会議も効果的な会議を開催したい、というご要望をお持ちでした。

そこでコミュニケーションシート(CMS)に次のアクションフォローパターンの項目を追加しました。

営業マンが今日の活動をCMSに登録する時、必ず次はどんなことをする、フォローは週一訪問、月一訪問、DM・FAXなどのどれか、を決めていただき、次のスケジュールを登録してもらいます。

またフォローパターン別のリストを自動で作成する、ルールエンジンも設定しました。

会議ではそのフォローパターンのリストを基に、みなさんで相互に意見交換をしていただくようにしました。

また、営業の皆さまが毎日CMS登録をしていただいた結果、現在で蓄積された情報を、リスト形式でご覧いただきました。
これを見ていただければ、取ってきた情報が会社の資産になっていることが一目瞭然です。
(パワーキッズさんは、かなり情報が蓄積されていました)
取ってきた情報の中の、どの情報に該当するお客さまを抽出してリストにする。
さらにCSV形式で出力し、Excelで自由に加工することができます。

社長さまからは最後に、eセールスマネージャーMSの素晴らしさを改めて認識したとのお言葉を頂戴いたしました。

パワーキッズの社長さまは、温和な雰囲気で柔軟なお考えを持たれた方でした。
経営者というよりは、教育者といった印象を感じました。

機会がありましたら是非、いろんなお話しをお聞かせていただきたいと思います。
posted by 近畿オーエーシステム at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーザーさん訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

12月5日勝つための営業力「強化」セミナー

12月5日に、大阪の梅田スカイビルで『勝つための営業力「強化」セミナー』を開催いたしました。

今回はソフトブレーン・サービスの工藤社長と、あきばれネットの吉本代表をお招きしてのセミナーでした。

工藤さんからは『中小企業成長の鍵はやっぱり営業だ』〜科学的営業・組織的営業という発想〜と題して講演していただきました。
工藤さんのお話は何度も聞いているはずなんですが、何度聞いても納得させられます。
特に今回は「少し内容を変えたよ」と仰っておられて、石原先生の「販売の4ステップ」のなどが盛り込まれたりしていました。

(僕も石原先生の「販売の4ステップ」のスライドを作ってきたんですけど…)
(ちょっと内容がかぶってしまいましたね… 反省)



P1010023.jpg


吉本さんからは『ホームページを営業力強化、売上アップに有効活用するノウハウ』と題してWebマーケティングの講演をしていただきました。
吉本さんのセミナーは今回初めて聞いたのですが、すごくわかりやすくて、非常にためになるお話でした。
当社のホームページ作成の打合せでも同様の説明をしていただいていましたが、セミナーで聞くとさらに説得力が増して、改めてWebマーケティングの重要性を認識させられました。

今回ご参加いただいたお客さまも、収穫は大きかったのでは、と思います。

また機会があれば、是非ご登壇していただきたいと思います。


P1010041.jpg


今後も今回のセミナーのように、お客さまに有益な情報をご提供していきたいと思います。

次回セミナーは来年1月18日に『eセールスマネージャーMS成功事例説明会』を開催いたします。

詳細はこちらからのURLからご確認してください。
       ↓↓↓
http://www.kinki-oa.jp/seminar_seiko02.asp

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。
posted by 近畿オーエーシステム at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

大阪圏の気質

大阪圏の強みの中に、新進気鋭、先取りの気質があるそうです。

今では日本全国で一般的になっているもので、「関西生まれ」のというものが多数あります。

 ・第3セクター(1871年 京都)
 ・ガス会社(1874年 神戸)
 ・サウナ(1883年 京都)
 ・私鉄(1884年 阪堺鉄道開業)
 ・市街電車(1895年 京都)
 ・スイミングスクール(1889年 大阪)
 ・食堂車(1899年 京都〜三田尻)
 ・映画会社(1907年 京都)
 ・タワー(1912年 大阪通天閣)
 ・食パンの工場生産(1918年 大阪)
 ・分譲住宅(1925年 大阪)
 ・即席カレー(1926年 大阪)
 ・レビュー(1927年 宝塚)
 ・地下街(1942年 大阪梅田)
 ・ワンマンバス(1951年 大阪)
 ・屋上ビアガーデン(1954年 大阪)
 ・即席らーめん(1958年 大阪)
 ・回転寿司(1958年 大阪)
 ・カップ入り清酒(1964年 神戸)
 ・自動改札口(1967年 阪急千里線)
 ・カラオケ(1972年 神戸)
 ・新交通システム(1981年 三宮)
 ・24時間空港(1994年 関空)    など


以上のようなものが関西発祥だそうです。

大阪圏の先人達の方々は、いろんなビジネスモデルを作り上げておられたんですね。

サービス、経済が東京一極集中になり、かつての商都大阪は一部の企業を除いては取り残された感もありますが、まだまだ日本の経済、社会活動の枢要な位置にあることも事実です。
実社会に関心を持ち、発言・行動する学者や文化人の方もも多くおられます。
また日本が世界に誇る中小企業も集積されています。

かつての商都大阪を取り戻すためにも、この中小企業の発展、活性化が望まれるところです。

中小企業の生産現場でも、ほとんどの企業がプロセスマネージメントの考えを導入され、高品質、低コストの商品を開発・生産されています。

次は営業現場におけるプロセスマネージメントを導入しませんか?

新進気鋭、先取りの気質で、営業現場の改革・カイゼンを行い、業績をアップさせ、関西圏の復権を目指しましょう。
posted by 近畿オーエーシステム at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。